MENU
Category

【画像付きで解説】Flying Scriptsで表示速度を劇的改善!

ページスピードがなかなか改善しないそこのあなた!

そんなあなたに、神プラグイン”Flying Scripts by WP Speed Matters”の紹介です。

JavaScriptの読み込みを遅延処理を行うプラグインで、導入することでPageSpeed Insightsにおける「使用していないJavaScriptの削減」という項目を大幅に改善することができるのです!

本記事で対応する主な原因

  • 使用していないJavaScriptの削減

記事作成時のモバイルスピードはこんな感じです☆

インストール手順

STEP
プラグイン > 新規追加
STEP
「Flying Scripts by WP Speed Matters」を検索 > 今すぐインストール > 有効化

以上でインストールは終了です。

設定手順

では、実際に設定をしていきます。

手順は大きく分けて

  1. ページスピードが遅い原因となるJavaScriptの特定
  2. そのJavaScriptをFlying Scriptsに記述

になります。

STEP
Flying Scripts by WP Speed Matters > setting

このページがでてこない場合、
左サイドバーの プラグイン > インストール済みプラグイン
から表示することができます。

STEP
原因となるJavaScriptの特定・記述する

ややこしいので注意

一番上のInclude Keywordsの部分に「遅延させたいJavaScriptのキーワード」を記述していきます。

ここからWordpressは一旦置いといて、遅延させるべきJavaScriptを探しに行きます。

PageSpeed Insightsを開き、「改善できる項目」の欄まで下にスクロールしましょう。

「使用していないJavaScriptの削減」項目をクリックしてみます。

ページスピードが遅くなる原因であるJavaScriptが表示されました。

これらをコピーして、先程のInclude Keywordsに貼り付けていきます。

本来JavaScriptは長いですが、その一部をInclude Keywordsに入力すれば大丈夫です。
個人的には「完結しているもの」は『/以降全部』、「完結せずに…で続いているもの」は『/から.jsまで』をコピーして貼り付けています。

貼り付けが終われば、最後に「Save Change」を押して設定終了です!

まとめ

ページスピードを劇的に改善させることのできるプラグイン「Flying Scripts by WP Speed Matters」の使い方を紹介しました。

してコピペして貼り付けるだけなので簡単にも関わらず、かなりの効果が期待できるプラグインです。

サイトの表示速度がなかなか改善しない場合には是非1度試してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする