MENU
Category

【QOLぶち上げ】やる気がでない?なら掃除するしか無いでしょ!

アイキャッチ

はぁ。
何もやる気しねぇ。
いっそこのまま塵にでもなりたい。

え?

やる気がでない時、あると思います。

宿題をしないといけないのに手が進まない。会議の準備をしないといけないのにアイデアがまとまらない。毎日の同じ生活が面倒くさい。

そんな時、どうしますか???

布団の上でゴロゴロしますか?

ぼーーーーっとYouTubeでも見てますか??

確かにその時はそれで良いけど、あとから「あの時ゴロゴロしとくんじゃなくてしっかりとやっておけばよかった!!」って後悔するのがオチですよね。

動きたくはないけど、ゴロゴロするとあとから後悔してしまう。

やる気が出ない時、やる気が出ないなりにできること」ができたらちょっとうれしいですよね。

そんな方にアドバイス。

やる気が起きないときこそ部屋の大掃除をするのだ!!

え、意外だった??

思ってたものと違うかった???

否!!

やる気でないときに大掃除は効果抜群!!!

(今外にいるよ!!部屋じゃないよ!!って方、ごめんなさいね・・・)

ではいってみよう!

目次

やる気でない時、あるよね?

人間は誰しもナマケモノである

今日は予定を入れていた。作業をするつもりだった。

それなのに、やるきがでねぇ。布団からでたくねぇ。一生ゴロゴロしときてぇ。って経験ありますよね?

もちろんありますよね???

大丈夫です。僕もです。

僕だけでなく、ほぼすべての人類が「やる気でない問題」と戦っているのではないでしょうか。

私達が感情を持つ動物である以上、やる気が出ないという感情を避けて通ることはできません。

かのスティーブ・ジョブズでも、ウィンストン・ノルクでも、マイケル・ジャクソンでも、世の中の「偉大」と呼ばれる人々でさえやる気がでないときはあるんですよ。

みんなみんなナマケモノ。

彼らもきっとお布団でゴロゴロした経験あるでしょう笑

だから「やる気ができない状態」の自分を責めないこと。仕方がないこと。やる気の出るタイミングが違うだけ。

重要なことは、「やる気が出ない自分を受け入れて、その上でできることをやってみる」ということ。

っていうか、ウィンストン・ノルクって誰!?!?

何もやらないのはもったいない!

とにかくできることをやっちゃおう!

布団の上でゴロゴロ時間を消費するのはもったいない。

やる気がないなら、ちょっと日常から離れた体験をしてみよう。

やっぱりやる気が出ないのって「同じことを繰り返している」ことが原因だと思うんだよね。

「望んでやりたくはないけど、やらないといけないから仕方なくやり続けている」からやる気が無くなってしまうと思うんだ。

だから、やる気がでないときはいつもと違うこと、日常から離れた体験をすることでリフレッシュができるのだと思う。

遠くまでドライブしてみるとか、温泉に行ってみるとか、ちょっとおしゃれなカフェに行ってみるとか。

ちょっといつもと違うことをするだけで、やる気が復活するかもしれない。

でもさ、ぶっちゃけ家から出ることもめんどくさくね???

ほんでもって、いっそのこと気分転換にもなってかつ自分のためになることやりたくない??

それにピッタリの方法があるってよ!!!

やる気が無いときは大掃除でしょ!

”非日常”を自らの手で作り出せる

大掃除をするということは、自分の手で周りの環境を変えるということ。

つまり、大掃除をすることで「自分の手で日常をぶち壊し、非日常な空間を手に入れる事ができる」のです!

そんな大げさな!!と思う方、いるかも知れません。

その気持はわかります。

でもよく考えてみてください。

  • いつもとちょっと違う道を通って通学/通勤してみる
  • ちょっと早起きして家の周りを散歩してみる
  • いつも自宅で作業をするけど、今日はカフェに行ってみる。

こういう経験、よくありますよね?

でも、どうしていつもと違うことをやってみようと思うんですか??

おそらく、「毎日繰り返される同じこと(=日常)に飽きちゃって、いつもとちょっと違うこと(=非日常)を求めているから」じゃないでしょうか??

でも、ぶっちゃけやる気が無いときは外に出るのもめんどくさい。

この”非日常”を自宅で完結できるのがまさに大掃除なのであります。

強制的に「心機一転」できる

大掃除をすることで、今まで日常的だった自室が非日常な空間へと生まれ変わります。

そう、環境が変わるのです。

新しい環境に身をおく時、心機一転気合が入りますよね。

新しい学校、新しい職場、新しいグループ etc…

大掃除をすれば「心機一転」という状況を擬似的に作り出すことができます。

例えばデスク周りを一気に掃除してみましょう。

転がっているペン、散乱した資料、ぐちゃぐちゃに絡まったコード類。

これらがなくなるだけでも、作業環境は大きく変わるものです。

やる気が無いときは一度デスク周りを見てみてください。

ちょっとぐちゃぐちゃしていたりしませんか???

まずはそれらを一気に片付けてしまいましょう!!

そうすれば心機一転、机に向かおうという気持ち・やる気が湧き出てくるかもしれません。

でも、ある程度するとデスクは散らかり始めますよね?

大丈夫です。また掃除をすれば良いだけのことです。

やる気がなくなれば大掃除をし、その環境でもやる気が無くなったら大掃除をし。。。

そう、もうあなたは「掃除をすることで心機一転やる気が出てしまう体質」に生まれ変わってしまったのです。

要するに、大掃除をする限り強制的に、また無限に心機一転という状況を作り出すことができるのです!!

それすなわちQOLぶち上げ

は?何言ってんだ??

ああだこうだ言わずに、まずは試す!!!!!

口より手を動かす!!

やる気が出ないときこそ行動大事!!!

もちろん個人差はあります。

試験前に掃除やっちゃう問題

もちろん、やる気が出ないときに大掃除をすすめる理由は「非日常な空間を手に入れる事ができる」という理屈じみたものだけではありません。

「やる気が出ない時こそ大掃除」というのは、人間本来の性質であるからなのです。

いつも掃除なんてしないはずなのに、試験や課題の提出日前になるとなんとな~く掃除をしてしまう。

あんたいつも掃除なんかせーへんのに、なんでこの時期に限って💢

とおかんに突っ込まれる。

学生の諸君??こんな経験ありませんか??

もはや、人間は「やる気が出ない時こそ大掃除」という呪縛に取り憑かれていると思いませんか??

そうです、やる気がない時に大掃除をすることはあまりに理にかなっているんです。

個人調べです

どこを掃除しようか

まずはデスクの整理から

前述したとおり、デスク周りをスッキリするだけでも気分は変わります。

STEP
デスクの上にあるもの一旦をすべてよけよう!
机
すっきり✨

まずはデスクの上にあるもの一旦をすべてよけて、まっさらな状態を作ってみましょう。

散らかっているものを一つひとつ片付けるには手間もかかるし、なによりやる気がでないときは手が進みません。

とりあえず一旦すべてよける!!

STEP
おもいっきり水拭きする
ぴかぴか✨

雑巾が擦り切るくらい磨きましょう。

クッタクタになるまで磨きましょう。

何ということでしょう。かなり雑巾が汚くなっていることに気づきませんか・・・???

STEP
必要最低限のものだけ戻す

資料や文房具はとりあえず置いといて、日常に使うものだけ戻します。

大事なこと。

シンプルイズベスト!!

デスクの上は少なければ少ないほどスッキリしてて良い!!

STEP
よけたものを整理する

整理が終わればデスク周りは完了!

STEP
(おまけ)配置を変えたり装飾をしてみたり

いっそのこと配置をガラッと変えてしまってもいいでしょう。

例えば手元灯の位置を変えてみたり、目の前に時計をかけてみたり、カレンダーをかけてみたり。

それだけで、雰囲気がぐっとかわって心機一転やる気がでてくるものなんです!

不思議なことに!!

やる気が出ないときこそ行動大事!!!

断捨離という選択

よけたものどうしよう・・・

この文房具さっき机を拭いたときによけたもものだけど、めっちゃ古いじゃん。

うわっ!これ半年前から置きっぱなしだったの!?!?

そんな経験有りますよね?

捨てちゃいましょ!断舎離しちゃいましょ!

この際、机の中・タンスの中・物置においているものすべて確認してみましょう!!

普段断捨離なんてしないって??

普段やらないからこそ、気分転換に良いのです。

どうしたらよいかわからないって???

「ときめく」ものは残し「ときめかない」ものはいっそのこと捨てちゃいましょう!!

「断捨離」ってもともとヨガの言葉らしい

いつも掃除するところは念入りに

毎日する掃除。

今日はちょっとプラスして、念入りにやってみましょう

  • 掃除機をかける+雑巾がけもしてみる
  • 窓を拭く+網戸や雨戸、溝も洗ってみる
  • タンスのホコリをはらう+タンスをどかして裏も掃除してみる

あくまでも、「部屋をきれいにするための掃除」ではなく、「やる気が無いときの対処法としての掃除」です。

いつもと違うことやってる感出したくないですか??

なら、いつもの掃除にちょこっとプラスアルファーしてみましょう!

普段掃除しないところを探してみる

先程も述べました。

大掃除とは、「自分の手で日常をぶち壊し、非日常な空間を手に入れる事ができる」もの。

そう、いっそのこといつも掃除しないところまでピカピカにしちゃえ大作戦!!

普段やらないからこそリフレッシュできるのである。

  • いつもと違うことをすることで、気分転換になる
  • いつもやらない場所をきれいにすることで、新しい環境(=非日常)を作ることができる

一石二鳥ではないか!!!

例えば、エアコン。

エアコンなんて頻繁に掃除しないですよね?

吹出口を見てみてみてください。

かなーりカビてませんか???

この際、いっそのこと羽を外して全部ふきとっちゃいましょう!!

掃除した後のエアコンの風にあたるのを想像して見てください。

かなり爽やかでスッキリしますよ☆

他には

  • ベランダをブラシで擦ってみる
  • 壁や天井を拭いてみる
  • 電気をはずして中を拭いてみる(虫がいるかも!?)
  • トイレを掃除してみる(部屋じゃないけど)

いっそのこと「気分転換」として、いつもと違う場所を掃除しちゃいましょう!!!

模様替えもしちゃいなよ!

さてさて、今まで「やる気が出ないときは、非日常な空間を作り出すために大掃除をするべし」をモットーに大掃除を勧めてきました。

いつもやらないことをやることでリフレッシュでき、一石二鳥だったわけです。

ここで最終奥義。

模様替えしちゃえ!!!

部屋の雰囲気をガラッとかえちゃいましょう。

模様替えなんて、思い切ったときにしかできません。

まさに気分転換が必要な今がぴったりです。

ちなみに僕は、気分を変えたいときは「机とベットの位置を入れ替える」というのをよくやっています。

一見地味ですが、なかなか効果的ですよ!

【やる気が出ないときこそ掃除】まとめ!!

大掃除をすることで

  • 非日常な経験をすることでリフレッシュできる
  • 非日常な環境を作ることで心機一転できる

ぜひこの機会に大掃除して、新しい環境を作っちゃいましょう!

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次